アルゴ株式会社

取扱商品Product

凝縮水除去装置ST


スチームトラップSTの特長

蒸気の熱エネルギーを、ムダなく有効的に利用できるスチームトラップSTシリーズ

工場などで利用される蒸気は、ボイラにより高温・高圧のものを配管を通じて各種の設備に運ばれていきます。蒸気は、配管を通る過程や設備で利用されたあと、凝縮してドレン(水滴)になります。
ドレンが滞留すると設備での十分な能力を得られず、時にはスチームハンマー現象により設備の損傷を招くことがあります。
このようなドレンを、蒸気を漏らさず速やかに排出させる装置(スチームトラップ)が配管の各所に設けられています。しかし、このスチームトラップのメンテナンス不足や経年劣化などにより、ドレンと共に蒸気までも排出されているのが現状です。
STは、蒸気のロスを大幅に軽減しながらドレンを常時連続的に排出し、経時的な性能劣化がないため、長期にわたって使用できるのが特長です。(旧名:SP-CRD)

操作の様子

STの機能と特長

  • システムの負荷変動に適応
  • 最適なプロセス温度制御の持続を実現
  • 蒸気温度の安定
  • 蒸気ロスの抑制
  • 高い持久力
  • イージーメンテナンス

効果

  • 燃料および水の使用量削減
  • CO2排出量削減
  • 生産効率の工場
  • メンテナンス費用の削減
    (補修及び買換えコストの削減)

従来トラップとの比較

  従 来 品 S T
原 理 圧力・温度・浮力により、間欠的に排出弁を開閉させて、ドレンを排出する。 ベンチュリーノズル(微細なトンネル)の入口に圧力を加えると、水は通過しやすく蒸気は水に比べて通過しにくい性質を利用。
仕組みと
メンテナンス
●可動部がある。
●可動部があるため、 メンテナンスが必要。
●可動部があるため経年劣化しやすく、
   蒸気のロスが増加する。
ベンチユリーノズルがあるだけで固定式。
●基本的にメンテナンスフリー。
  (詰まりがあっても短時間で容易に解消可)
●劣化しにくい。(SUS製)
●負荷の変動に対応可。
●継続的な安定した凝縮水の排出が可能。
耐久性 2~4年(数か月で使えなくなるものもある) 10年以上
選 定 ●トラップ1個ごとに最大許容圧力とドレンの排出量が限定される。
●安全率を2~ 3倍とするため、容量が大きくなってしまい、生蒸気の排出があり、スチームロスとなる。
27種類のノズルできめ細かく圧力と蒸気量に対応できるため、スチームロスが少なくなる。
●蒸気使用量の不確かな古い既設機器にも有効。

イージーメンテナンス

メンテナンスは中のノズルを交換するだけ。設備の稼働中でも数分で作業が完了します。